世界一暖かい最強アウター【ECWCS level7】コスパ最強【最安】

世界一暖かい最強アウター【ECWCS level7】コスパ最強【最安】

米軍が採用している世界一暖かい至上最強アウターをご紹介します。【ECWCS gen3 level7】です。

今回は【ECWCS gen3 level7】を徹底解説します。

ECWCS gen3 level7とは

「ECWCS gen3 level7」は「ECWCS(エコワックス)」「gen3(ジェンスリー)」「level7(レベルセブン)」の3つに分解できます。

ECWCSとは

ECWCS

↓(正式名称は)

Extended Cold Weather Clothing System

↓(訳すと)

拡張式寒冷地被服システム

上記の通り、日本語にすると逆に意味がわかりづらくなります。簡単に説明すると、寒い地域で軍隊が活動できるよう米軍によって考案された寒さ対策のコーディネート一覧です。ECWCSには寒さ対策に特化した上半身7種類、下半身5種類の衣類があります。その全12種の組み合わせにによって、その土地の寒さレベルに合わせた組み合わせを明示しています。

具体的には、華氏45度(摂氏7.2度)から華氏-50度(摂氏-45.6度)までの気温に対応しています。

つまり、世界最強レベルの防寒システムのため、日本では充分すぎるスペックです。

gen3とは

ECWCSには世代は3つあって、gen3はその第3世代目、最新バージョンです。

wikiによると

拡張式気候戦場戦士被服システム(英: Extended Climate Warfighter Clothing System)を参考にし、レベルという分類をした上半身7種類

(アンダーシャツ2種、ジャケット4種、オーバーコート1種)・下半身5種類(ズボン下2種、ズボン3種)を組み合わせたシステムとなっている。

ちなみに、gen1が第1世代、gen2が第2世代です。世代ごとに動きやすさ、防寒性が進化しているので、世代の中でもgen3は一番のスペックです。

level7とは

前述したとおり、ECWCSシステムは、寒さを7段階のレベルに細分化し、レベル別にコーディネートを規定しています。レベル7はその中でも最強レベルということです。

wikiによると

レベル1:薄手の吸汗拡散生地のアンダーシャツとズボン下

レベル2:やや厚手の吸汗拡散生地のアンダーシャツとズボン下

レベル3:フリースジャケット

レベル4:ウインドジャケット

レベル5:撥水生地のジャケットとズボン

レベル6:防水透湿生地のジャケットとズボン

レベル7:中綿入りオーバーコートとズボン(マシュマロスーツ)

今回ご紹介するアウターは一番下の「中綿入りオーバーコートとズボン(マシュマロスーツ)」です。ちなみに、ズボンは以下です。

このズボンもとても暖かく、とにかく動きやすいです。ただ、日本で一般的にECWCS level7というとアウターのことを指すことが多いようです。

至上最強アウターたる所以

①摂氏-45.6度まで対応可能

「摂氏-45.6度」まで対応可能と謳っているくらいなので、日本全国どこでも寒さに耐えることができます。12月の東京の平均気温が摂氏7度くらいです。最も寒い2月の平均最低気温でもマイナス5度程度のため、東京では大分オーバースペックになります。北海道でも2月の平均気温はマイナス10度程度で、平均最低気温はマイナス11度程度です。日本の記録上最低気温は、明治35年(1902年)1月25日、北海道の上川測候所でマイナス41.0度ですので、日本では充分寒さに耐えられるシステムとなっています。

②米軍に採用されている

このアウターは米軍が考案し、米軍に採用されています。米軍が採用というだけで、最強という感じがしてしまいますが、実際に最強でした。米軍といえば「世界の警察」と言われるぐらいなので、地球上のどこへでも出兵できる軍隊です。一度着ていただければ、本当に全世界でも通用する暖かさだということが実感できると思います。

③羽毛を超える暖かさの最新素材プリマロフト

最強アウターというと、北極をも凌げる「WOOLRICH-アークティックパーカ」や「カナダグース」、「水沢ダウン」、「モンクレー」を思いつく方が多いのではないでしょうか。

上記アウターは、最高級の羽毛(ダウン)で暖かさを保っており、充分暖かいですが、ダウンは羽毛布団などでも採用され、数百年前から衣類に使用されている優秀な素材です。とても軽くて、保温性に優れています。しかし、ダウンは湿度に弱く、一度濡れてしまうと保温性が非常に下がり、乾いても復旧し辛い特徴があります。

ダウンの保温性・軽量性を保ちつつ、水に濡れても問題ないよう、撥水性を機能追加できないかと考え、開発されたのが、ダウンを凌ぐ最新素材「プリマロフト」です。

「プリマロフト」のwiki解説は以下です。

プリマロフトは、アメリカ国軍の要請を受けたALBANY社が開発した、羽毛に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材です。

プリマロフトは羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけではなく、羽毛にはない撥水性も発揮。

それまでにはない画期的な機能性(断熱・防寒テクノロジー)と、どんな環境でも使える高い実用性を兼ね備えた画期的な人工羽毛として誕生しました。

http://www.d-breath.co.jp/primaloft/about/index.html

人工羽毛としては、「プリマロフト」の他に「シンサレート」という素材があり、一般的な洋服に広く使用されていますが、「プリマロフト」の方が数倍保温性に優れています。

フリース(ECWCS gen3 level3)と重ね着で無敵

ECWCS gen3 level3は、単体でも春・秋くらいなら過ごせる暖かさです。
これを一枚アウターとして羽織って出かけるのも可能です。
ECWCSは重ね着して防寒最強となるので、level3とlevel7を合わせて身にまとえば、米軍お墨付きの暖かさになります。
(東京の真冬であれば、ロンTにlevel7だけでも充分ではあります。)

安く買うには【最安値】

・中田商店(上野/御徒町)が一番安いです

中田商店は、軍モノの品揃えが非常に多く、最高に安いです。

都内にお住まいの方は、是非行ってみてください。

2018/10/03追記

10月5日に今年分が入荷されます。通販はこちら

XS-S XS-R M-R は、10月5日頃入荷します。それ以外のサイズは10月下旬頃の予定です。

昨年(2017年)は11月には売り切れになってしまったので、欲しい方はお早めに。

2018/10/05追記

XS-S,XS-Rは実店舗でもほとんど品薄状態でした。(ネットは即完売だったとのことです。)店員さんによると10月6日時点で売り切れてしまう可能性が高いとのことです。また、次回の入荷は10月下旬かそれ以降とのことでした。

今年は茶色の入荷は行わないそうです。シルバーは順次入荷するとのことです。

また、なんと昨年扱っていなかったを今年は入荷するそうです。入荷時期は未定とのことですが、黒はネットでもなかなか販売されていないので、発売されたら即完売となると思われます。

【予約商品】U.S MILITARY/LEVEL7 PRIMALOFT ECWCS PARKA BLACK CHICAGO POLICE

・ネットショップでも手に入ります

ネットショップの場合は、以下をおすすめしています。

実物 新品 米軍 Level 7 ハイロフトジャケット WOODLAND MARPAT ウッドランド マーパット ミリタリー アウター トップス 中綿 ダウン 迷彩 カモフラ アメリカ軍実物放出品 【ミリタリー】 WIP メンズ ミリタリー アウトドア 【クーポン対象外】 ハロウィン 仮装 コスプレ

サイズ感について

サイズは、XS、S、M、Lがあります。

また、各サイズ丈の長さが、shortとRegularがあります。

米軍モノなので、2サイズダウンがおすすめです。

私は173CM,65kgで普段はS~Mサイズを愛用していますが、ECWCS level7の場合は、XSサイズのshortでジャストサイズです。
中肉位の方まではXSで充分ですが、ゆったりと着たい方はSでストリートっぽくて良いかと思います。恰幅の良い方でSサイズでジャストサイズくらいです。
竹の長さについては、175CM以下の方はshortで充分です。175CM以上の方はRegularが良いと思います。

ただし、XS、Sサイズは非常に希少です。MやLと比べて販売数が少ないため、
手に入れるためには多少価格が高くても我慢してGETしないと一生手に入りません。

色について

シルバー、カーキ、黒、迷彩の4色が展開されています。私の好みは、米軍で最も使用されているシルバーです。(雪に隠れるためだと思われます。)

レプリカについて

ヒューストンなどのブランドがレプリカを販売していますが、性能が全然違いますので、是非ホンモノを購入してください。

前述で紹介している中田商店さんか、WAIPERさんでは確実にホンモノが販売されています。

中田商店さん、WAIPERさんでも全てがホンモノではないようです。民間ブランドや、レプリカ、ホンモノではありえない色等が販売されているというコメントをいただいております。ご購入の際は、充分に注意の上、ご購入ください。

(中田商店の実店舗で販売されているECWCSは、アパレル店員の友人曰くホンモノとのことでした。)

おわりに

いかがでしたでしょうか。とにかく暖かいアウターが欲しいという方は是非試してみてください。

Military jacketカテゴリの最新記事