【REDWING】ベックマンチャッカ経年変化(エイジング)レビュー【9024】【3年選手】

【REDWING】ベックマンチャッカ経年変化(エイジング)レビュー【9024】【3年選手】

ベックマンチャッカ9024ブラックを購入してから大体3年くらい履いたので、3年履いた場合の経年変化(エイジング)をレビューします。

新品のベックマン

新品の際に写真を撮っていなかったので、Webで拾ってきた新品のベックマンチャッカをのせます。

履いたペース とケアの方法

1年間の4分の3(9ヶ月くらい)の期間に1ヶ月に数回ほど履き続けてきました。

通常に比べより履いているペースが圧倒的に少ないです。

ケアの方法としては、毎回履くたびに馬毛でブラッシングを行い、シューツリーを靴に入れておりました。

また、気になったタイミングで、黒クリームを入れています。

履いているペースにしては、ケアの回数は多いほうだと思います。

 

三年経過後の経年変化(エイジング)がこちら

 

 

磨いた直後なので、トゥーをポリッシュしてあります。

足の甲が高いので、一部足の甲が当たるあたりが少し盛り上がってしまっています。

ジャストサイズ(8)で履いているのと、毎回シューツリーを使用していたことで、皺は少ないように見えます。

上から見るとこのような感じです。

シューレースが蠟引きではないので、安っぽく見えます。

こちらの紗乃織靴紐 ロー平のシューレースに交換して、もっと綺麗目に履く予定です。

紗乃織靴紐 ロー平 さのはたくつひも・組紐蝋平 ロー平 靴紐・シューレース【DM便可】

 

3年履いてわかったこと

 

3年しか履いていないと、全体的にまだきれいです。

エイジングで味が出ているというより、新品ではないだけと言う印象です。

 

ワークブーツは一生ものと言いますが、ここまで履けるとは思っていませんでした。

まだソール交換もしていません。

履くペースが遅いだけに、放置することによる経年変化が起きてしまうのが怖いです。

革の黒光りに深みが出てきた

新品の画像を見ていただければわかりますが、新品はマッドな感じで輝いています。

私のベックマンチャッカは、マッド感がなくなって、芯から光っているような印象になっています。

このレザーの輝き方だけは、経年変化と呼べるような感じではあるかなと思いました。

ジャストサイズで履くと皺の入り方が綺麗

ベックマンの通常モデル(8.5サイズ)と比べて皺の入り方が綺麗です。

ベックマンはハーフサイズオーバーで履いているので、そこで違いが出たのだと思います。

ベックマン10年選手の経年変化レビュー記事はこちらです。

5年くらいでオールソール交換をします。

私の履くペースがおそいこともありますが、オールソール交換は5年経過ごとなりそうです。

次は、踵が絞られているソール(ピッチドソール)に履き替えたいと思います。

最後に

 

フラッシュで撮るとこんな感じです。次回は5年後にまた経年変化状況をアップしたいと思います。

Red wingカテゴリの最新記事