スローウェアライオン(SWL)オックスフォード 経年変化レビュー

スローウェアライオン(SWL)オックスフォード 経年変化レビュー

スローウエアライオン オックスフォード

去年の12月Yokohama Hot Rod Custom Show

ブースにSWLが出店されており
そちらで購入したのが、こちら!

(8958M オイルドレザーオックスフォードのBROWN)

私は初めての短靴なので他社の物と比較ができないのですが
間違いなく思うこと

スニーカーみたい!

これに尽きます、オックスフォード全般がそうなのかもしれませんが
スニーカーの様な感覚で履けるブーツは新鮮です



スポンサーリンク

 

スローウエアライオンの魅力とは

「”日本人のために日本人が作るモノ”

これをコンセプトに日本国内で
熟練の職人さんたちによって手作業で作業をしている

カッコよさを大切にしながらも機能性を
あくまで、日本人に向けて作られている

日本人の足型にあう木型なので普段ブーツを履かない
方でも、すんなり馴染んで頂けるはずです。

SWLオックスフォード定番、限定モデル

オイルドカウレザーで縫い付けられたブーツ
コルクソールが装着された8958MSWLが
採用するマッケイ製法を採用

通常はアッパーとアウトソールを
貫通させて縫い付ける製法だが、SWLはソールの交換を考え

ミッドソールのみ貫通させて縫い付けている
見た目がスマートなのでカジュアルからビジネスシーンまで相性よく

季節を問わずにブーツを楽しめる

製法はSWL独自のダブルステッチダウン製法
ヒール部分はネイルダウン(くぎ)で補強し、

さらにマッケイ縫いを施し頑丈なつくりになっている

またソールはVIBRM(ビブラム)#700を使用

 

SWL直営店「TOOLS INFINITY」の限定モデル。

クロムエクセルレザーを使い、レース・トウ・オックスフォードブーツ
ソールはVIBRM(ビブラム)#7124(シャークソール)を採用

かかと部分にはEVA挟み込み仕様でクッション性と厚みを表す
またトゥに丸みを持たせ、切りっぱなしの履き口など細部にまでこだわった

「上品なワークブーツ」である



スポンサーリンク

KZのオックスフォード8958 4か月の味のでかた

オイルドカウレザーを使用されているのできめが細かく柔らかいのが特徴
履きこむにつれてトウにシワがより一層アジが出始めている

全体的な光沢感もあり、綺麗に履けてるかな。

サイドビュー
アウトソール周辺も傷が付いてしまっているが頑丈な為
まったく問題がない、そして光沢がたまらない。

一部ほつれが派生しているが、ほどけるなんてことはないので
安心してください。糸切りはさみで取り除きました

履き口にはパットによるクッション性があるので
靴擦れなどなく、履いた当初から、らくちんである

インソールは何も引いてません、サイズ感もピッタリ

1950年代頃によく使われてたいた
コルクソールを再現されたオリジナルソール

滑りづらく足も踏ん張れる、耐久性が低いと言われているが
かかとのすり減りなどそこまで感じていない

まとめ

 

4カ月の使用でしかないですが、ものすごく重宝してます
ワークブーツですので、これからも履き倒していきます!

Oxfordカテゴリの最新記事