浅草が産んだ老舗KADOYA(カドヤ)レザーウエア

浅草が産んだ老舗KADOYA(カドヤ)レザーウエア

長くバイクに乗ってるならば
誰もが一度は聞いた事がある”カドヤ”

そんなカドヤにKzは
「一度は”カドヤ”でオーダーメイドを出したい」

と思い続けて早何年。

 

”RACING SPIRIT AND CRAFTSMANSHIP”を掲げるカドヤ

 

1935年に東京浅草にてオーダーメイドの皮服店として始まる

戦後まもなくして、モーターサイクルの
世界に進出し警視庁のコートや
”浅間火山レース用革ツナギ”を手掛け日本における

「バイク用レザーウエアのパイオニア」的存在になった

現代においては「レース」から「ストリート」にも技術を

還元し日本では数少ないフルオーダーから
ベーシックまで幅広い製品を取り揃えている

”Head Factory”徹底した職人の思い

創業から80年以上もたった老舗カドヤ

創業者である深野正次郎の“革はお客様の好みで作り変えるもの”というポリシー
の元に、工場の中ではベテランと若手が純国産に拘った

ハイクオリティな商品を生み出し続けている

“一人一着縫い”は創業当初から受け継がれてるお客様に対する
ささやかな気配りを徹底的にするため

 

カドヤ各種ブランド

HEAD FACTORY

 

出典:「KADOYA 」

 

HARD FACTORYには二種類にわかれている
拘りをもつバイク乗りの要望に応える MADEIN JAPNに拘るカドヤ

「”本社工場製品”」

もう一方が、英国でロッカーズシーンにゆかりのあるライナップ
ビンテージレプリカではなく現代の技術を駆使して
よりカドヤらしい商品になっている

SHINYA REPRICA

 

出典:「KADOYA 」

 

ドイツにあるアウトバーンで

ストリートモデルのGSX-R750Rで300キロを
記録した佐藤信哉の分身とも云える商品

K’S LEATHER/K’SPRODUCT

シンプル&ベーシックな「質の高いスタンダード」から最高峰のスペックを各種そろえたライン
安全性、機能性も十分な完備を施されたバイクウエアである

NEW CONCEPTER

機能性とデザインを両立させリムーブカジュアルを提唱
初代モデルからデザインのコンセプトは変わらず
現代のバイクシーンにおいてもマルチな対応を可能とする進化系。
世代問わず愛される名作「トランス・センチュリー」
JAPANオリジナルの逸材である

 

M.I.R SPEC

 

 

よりミリタリーテイストが濃いライン

代用品としてではなく、ライダーのニーズを
発展させたのがM.I.R SPEC

戦闘機を操るパイロットのようにあらゆる状況かでも身に着ける
ことで存在をアピールし、タフで実用を想像演出するブランド

BOOTS&BOOTS

出典:「KADOYA」

 

徹底したこだわりをもつ、「boots&bootsしりーず」は
安藤製靴株式会社で製造
1959年の創業以来「ノルウェイジャン製靴法」(甲革材・革中底・合亀等を直接縫い付けて行う製法の為とても堅牢な造り)において
日本では安藤製靴だと言える

登山靴としても用いられているので、自然を相手に
様々なシーンで打ち勝たなければならない
そのノウハウを厳選された素材によって
クオリティの高いKADOYAのブーツが産まれる

Kadoyaカテゴリの最新記事